にきびができる年代は十代が多いといいます

にきびができる年代は十代が多いといいますが、二十代以降もにきびができる人がいます。お肌のにきびはなぜできるのでしょう。にきびが何度もできてしまうという人も少なくないですが、肌ににきびができやすい状態になってしまっていると考えられます。成人してからのにきびは、若い時のにきびと違います。大人のにきびは、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどが原因になっています。成人してからは、生活のサイクルが一定しない人や、ストレスを常に感じながら仕事をしている人もいます。便秘体質、肌の乾燥、肌に合わないメイク、日焼けの影響などもにきびをつくってしまいます。肌ににきびができるのは、これらの要因によって毛穴に分泌された皮脂が詰まるためです。毛穴の大もとには毛包があり、皮脂を分泌する皮脂腺につながっています。そのために、皮脂の分泌過程で毛穴が詰まるのです。毛包から出てきた皮脂は、毛穴を伝って本来であれば外側に出て来ます。しかし、それ以外の刺激で毛穴の周囲の角質が厚くなるなどで毛穴が狭まったり、ほこりや古くなった角質層が毛穴を塞ぐと、皮脂は毛穴から出て来れずに詰まってしまうのです。最初のうちはにきびは白いですが、やがて化膿や炎症を起こすと黒にきびや赤にきびになってしまいます。症状が悪化すると、にきびは黄色くなります。にきびの炎症によって肌がダメージを負い、真皮層まで到達することもあります。健康的な生活や食事をすることで、お肌のにきびを解消することができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ