灯によるしみ医療

しみの治療方法に、明かりを扱うものがあります。特殊な用品から射光浴びるIPLという明かりを使って、しみを目立たなくするというものです。お人肌にしみができるのは、メラニン色素が落ち着きするためだ。IPLではメラニン色素を壊し、コラーゲンの制作を活発にして人肌を引き締めます。レーザーとは明かりの波長の長さや人肌が異なります。レーザー診療よりも明かり診療のほうがクリーミーで表皮の浅い部分にのみ効率よく勧めるので、診療後にテープを張り付ける必要はありません。一括の射光は1㎝×2㎝で、形相のでかいを治療することが明かりではできるでしょう。形相のでかいにしみ治療をすることによって、表皮の透明感が増したり、張りが高まったり行なう。威力が安い結果、レーザー診療のような人肌の深部にまでは届きませんが、明かりで治療をする結果濃く際立つしみも診療効果を期待することができます。邦人のお人肌の気質に合わせてつくられた、ライムライトという明かり診療の装置があります。肌質や表皮の姿に応じて細かい設定ができるので、ないしみやそばかすに対して厳しい効果が期待できます。肝斑のというしみの診療にも効果的です。明かりによるしみ診療の以後1週間は深くこすって刺激を与えるのは避けましょう。しみがかさぶた状に浮き上がり、勝手にめくれ降るまで、コツを触れないでそっとしておきましょう。明かりでのしみ診療は、気軽に利用することが可能ですので、関心がある輩は病院などで聞いて見るといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ